トップ / 医師と企業医の違いについて

医師と企業医の違いについて

企業で働く医師の仕事

企業医になるための道のり

医師の勤務先というと、病院やクリニックだと思うのが普通です。しかし、企業に従事する医師もおり、企業に雇われている医師のことを産業医といいます。労働者の健康維持のために指導を行ったり、快適な作業環境を作り出すために助言することもあり、企業内の健康を保持する任務を担っています。産業医は、企業医と呼ばれることもあります。産業医になるためには、ある一定の要件をクリアーしている必要があります。免許を持っていれば誰でもなれるというわけではありません。厚生労働省が定める産業医研修を終了している必要があり、労働衛生コンサルタント試験も通過しておかなければいけません。また、大学において教授や助教授、または常勤講師など、いずれかの経験も必要であり、厚生労働大臣から企業医と定めてもらう必要もあるでしょう。一般病院に勤めるより、給料は劣りますが、勤務時間が少なく、企業の休みに合わせて休日も取れるため、なりたいと思う人が増えています。

医師,チーム

医師と企業医の違いは勤務時間

医師というと勤務時間は不規則な上、呼び出されることも多い職業ですが、企業医は企業の中で勤務するので勤務時間が規則的で安心して勤務できる職業です。また、病院に勤務する医師が不特定多数の病気の患者の診察及び治療を行うことを主な業務にしているのに対し、企業医は企業の社員の健康管理を主な業務とするところにも大きな違いがあります。企業の中での仕事は主に社員が病気にならないように予防するための管理監督をすることが多いのですが、最近は多くの企業でメンタルヘルスの管理を重点的に行うところが多く、企業医もこの点で非常に重要な役割を担っています。うつ病やストレスによる精神疾患などが問題視される企業の中で、社員一人ひとりの健康管理に配慮し、病気にならないようにアドバイスを行ったりする仕事が中心となるため、計画的に仕事が行える点が病院に勤務する医師とは大きく異なります。その為、自分の時間を大切にし規則的な勤務をしたい人には適している職業です。

↑PAGE TOP