トップ / 良い医師の人間性とは

良い医師の人間性とは

医師として大切なこと

医師の人間性と関わり方

医師の人間性と関わり方はどれだけ重要なのでしょうか。患者さんが癌と診断された時、死を宣告されたような、地獄に落とされたような気持ちになるでしょう。家族や友人など周囲の支えももちろん大切ですが、主治医がどれほど自分に寄り添ってくれて治療方針を真剣に考えてくださっているかは、患者にとって治療を頑張れるかということに大きく関わってきます。癌と戦うには精神的な要素も非常に大切です。気持ちを何でも話せる関係がとても大切だといえます。

医師,チーム

医師の評価と人間性の関わり

良医とはどのような者かという問いには多くの答えがあります。しかしまずは技能の良し悪しこそが問われるべきでしょう。その上で性格やコミュニケーション能力などが問われます。しかし人間関係や人格というものは多面性があります。同僚やコメディカルには評判が悪くても、患者には慕われる人もいるのです。医は仁術とも言いますから、医師の評価と人間性には切っても切れない関わりがあるのは確かです。けれどもそこに囚われすぎる必要もないでしょう。

↑PAGE TOP