トップ / 医師が海外で勤務する

医師が海外で勤務する

海外で医師として働く

海外で医師として活動したい

海外で医師として働きたいと思ったことはありませんか?日本の医師免許は日本でしか通用しませんので、通常は、研修や試験などを通してその国の免許を取得する必要があります。ただし、免許を取得しなくても、医療従事者として勤務する方法もあります。例えば、ボランティアとして海外派遣を希望したり、外国の日本人大使館に、医療スタッフとして帯同するケースなどです。また、免許がないと行える医療行為に制限はありますが、その国に駐在する日本人向けのクリニックなどに勤務することもできます。

医師,チーム

医師の海外での活動について

医師は日本国内での病院での医療行為は毎日行われています。しかし、国内だけではなく、海外でも活動されています。このパターンには大きく2つあります。1つは肝臓がんなど病気のより深い研究をするために外国に行く場合です。難病や治療方針が確立されていない病気に立ち向かうために必要です。2つ目は発展途上国に出向いて満足に医療行為を受けられない方の体のケアをすることです。特に小児を見ます。海外支援は医師、医療の側面からも必要です。

↑PAGE TOP