トップ

医師とチーム医療について

医師とチーム医療

医師とチーム医療の体制

医師は、それぞれの専門分野に関する知識や技能に長けている反面、他の科に付随する分野に関しては、研究に割く時間にも限りがあり、十分な対処を施すところまではたどり着いていません。患者にとっては、どのような医師も同等にとらえます。また、抱える疾患については、どのような専門性に優れている医師が適任かどうかを、患者自身が判断する術を持ち合わせていません。そのような患者の置かれている立場を、十二分に配慮した体制こそが、チーム医療であり、患者最優先の理念に基づいたものになります。専門分野の技能を集結することで、自身の管轄分野の中ではみえてこなかった解決の糸口を得ることが出来ます。それによって、チーム医療スタッフの、個々のレベルアップを図ることにもつながっていきます。患者の早期回復を目指すべく、多角的なとらえ方によって最善策を導き出すという理念の下には、現代医療の体制そのものを改革していくものになります。

医師,チーム

チーム医療の理念と長所

チーム医療とは、医師および他の医療職(看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、臨床工学士、ソーシャルワーカーなど)からなる医療チームが患者様の治療にあたることをいいます。患者様とそのご家族もチームの一員であるという理念も一般的になりつつあります。医師は、方針の最終決定およびチームリーダーとしての役割を担います。チーム医療の重要性が高まっている理由としては、近年の医療の高度複雑化に伴い、医療行為が医師一人の手で担える範囲を超えていること、全人的医療の理念が重要となりきめ細かい医療に対するニーズが高まっていることなどが挙げられます。チームの単位は、呼吸ケア、緩和ケア等の治療行為単位の場合と、在宅医療等の総合的ケアのための連携の場合があります。チーム医療の長所は、より先進的かつ総合的な治療を行えること、複数の視点が入ることで治療の確実性に対しチェック機構が働くこと、治療の選択肢が広がることです。注意点としては、連携上のミス等に留意を払う必要があることや、チームワークの良し悪しが医療の質に大きく関わるとため、職種ごとの価値観の相違から齟齬が起こらないよう留意する必要がある点です。

医師の仕事に関する情報

新着情報

↑PAGE TOP